リゾート地セブ島

フィリピン旅行で欠かせないのは、リゾート地セブ島。
フィリピンの中でも特にリゾート地として知られるセブ島には、毎年多くの日本人が訪れるべさ。大小7107もの島からなる群島国家フィリピンの中央に位置し、国を代表するリゾート地であるべ。

フィリピン旅行をする人にとって治安は、滞在先を選ぶ意味でも重要だが、セブ島に関してはフィリピン中でも治安は良いほうであるべ。ただ油断は禁物だべ。
セブ島へは成田空港からセブ直行のフィリピン航空が週5便(冬季は週6便)乗り入れているす。フライトは約4時間30分。マニラを経由する場合にはフィリピン航空が成田、名古屋、関西、福岡、沖縄からそれぞれ乗り入れており、マニラで乗り換えセブまで1時間のフライトとなるべ。

セブ島は空港やホテル、街中にも、いたるところに両替所があるべ。いずれも日本円を受付けているため、日本であえてドルに両替していく必要はないっしょ。ただ通常の買い物はすべてペソとなるため、使う分だけペソに両替すること。

フィリピン旅行で悩むのが雨だべ。日本人にとって、雨季と乾季があるフィリピンは天気が読みづらい。セブ島は一年を通して18度〜35度ぐらいの気温。中でも一番南国らしく暑いのは3月〜6月の乾季。セブ島は雨季でも実は夕方、夜間に雨が降る程度であるべ。そして3月〜6月の乾季は雨がほとんど降らないっしょ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。