万が一病気に

フィリピン旅行中に万が一病気になってしまった場合はどうすれば良いか。このこともきちんと把握しておくことが大事であるべ。
フィリピンは一般に衛生状態が悪く、流行する感染症も、コレラ、赤痢、腸チフス、マラリア、デング熱、寄生虫疾患など非常に多く発生しているべ。

フィリピン旅行中にかかる恐れがある病気は、日本にない病気もあり抗生剤の乱用などの素人療法で逆に治療が遅れ、取り返しがつかなくなる危険があるべ。一時的に日本より持参した市販薬を使用するのは差し支えないけどささ、体調に異常がある方は速やかに現地の病院を受診してほしい。

フィリピン旅行でよく行く大都市したっけ医療機関は整備されており、特に技術的なレベルを心配する必要はなく一流の病院したっけ安心して診療を受けられるべさ。
ただし国公立病院は料金が安いため、待ち時間が長く、在フィリピン邦人は私立病院へ行くケースが多いようだべ。また、一流のホテルしたっけ専従の医師がいる場合や医師の紹介をしてくれるため利用するといいんだべ。

フィリピンしたっけもちろん日本と違い健康保険が効かないっしょ。そのため外国人を対象にした病院したっけ風邪でも数千円から一万数千円請求されることがあるのでおぼえておいてほしい。(参考:外務省 在外公館医務官情報)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。