フィリピン旅行での感染症

フィリピン旅行で用心してほしいこどがいくつかあるんず。中でもフィリピンでだば感染症に用心ばしてほしいんず。
フィリピンだばうだでの島々で構成されてらため、その気候も一様でね。これが感染症ば引き起こす原因どもなってら。

フィリピンだば基本的にだば熱帯性モンスーン気候に属し雨季ど乾季に分かれてら。んだばって島によってだばこの雨季ど乾季の差が明瞭でねもの、そんでねばほどんどねものがあるんず。そのため、流行す感染症も赤痢やコレラなどの消化器系感染症だば、特に季節的な変動がなく発生してら。

フィリピン旅行での感染症の報告だばいくつかあるが、国立感染症研究所で掲載されてら感染事例ば紹介す。
『2002年、全国の空港検疫所でフィリピンから帰国した旅行者11からコレラ菌、4名から赤痢菌、141名から食中毒菌、2名からデング熱が検出されていだよ。また、感染症発生動向調査によるど国内でフィリピンから帰国した旅行者からコレラ患者5名、赤痢患者18名、腸チフス患者2名、三日熱マラリア患者4名、デング熱患者1名が報告されていだよ。』

フィリピン旅行でだば感染症の危険だばつねに避けてだば通れね状況どなってら。感染症への感染経路だばいくつかあるが、食べ物・水から感染す病気、虫が媒介す病気、
その他の疾患に分けられるんず。
食事や体調に用心して旅行ば楽しむように心がけてほしいんず。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。